災害 鍼灸マッサージ プロジェクト

  (こちらは、2011年3月11日に発生した東日本大震災により、多大な被害を受けた宮城県にて、

   鍼灸マッサージ治療によるボランティア活動を契機に発足いたしました 

   『災害鍼灸マッサージプロジェクト』の公式ホームページです。)

 

 

  

  (こちらは、2011年3月11日に発生した東日本大震災により、多大な被害を受けた宮城県にて、

   鍼灸マッサージ治療によるボランティア活動を契機に発足いたしました 

   『災害鍼灸マッサージプロジェクト』の公式ホームページです。)

 

 

  

論文発表のお知らせ

 

下記、 2016年10月16日にお知らせしました研究が論文になりました。

尽力くださった東北大学病院 総合地域医療教育支援部 高山真医師に心よりお礼申し上げます。

 

以下URLより、どなたでも閲覧可能です。

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/jgf2.143/pdf

 

PUBMED(アメリカ国立医学図書館の検索サイト)にも収載され、「ボランティアをした」だけでなく「災害時の鍼灸マッサージに医療的な効果があった」ことを示した世界で初めての論文となります。

東日本大震災、関東東北豪雨それぞれの支援活動登録者全員のお名前も謝辞に記載させて頂きました。

 

支援に入った鍼灸師・マッサージ師の経験、何より被災された方々の苦しみが、今後も必ず起こる災害での医療支援に少しでも活かされることを祈りながら、感謝と共にここにご報告致します。

  

2017年12月18日     
代表 三輪正敬     

 

 

 

研究のお知らせ

 

 災プロはこれまで、東日本大震災、関東東北豪雨、熊本地震などで支援活動を行って参りましたが、今後起こりうる災害に対して、鍼灸マッサージという医療職種がより迅速に、また現地や周囲の方々の理解を得ながら支援活動を行うことができるようになれば、と考えております。そこで、東北大学病院 総合地域医療教育支援部の高山真医師が研究責任者となり、これまでの診療録をまとめ、研究報告のかたちにさせて頂ければと思います。以下の詳細の中にも明記しましたが、受療者の方々の個人名が公開されることは一切ありません。未来の災害への対処のために、ご理解を賜ることができましたら幸いです。

 

1、研究課題名

東日本大震災後及び常総市水害後に避難所等で行われた鍼灸治療やマッサージ治療に関する診療記録をもとにした後ろ向き調査研究

 

2、期間

西暦2016年11月~西暦2021年10月

 

3、目的

東日本大震災後及び関東東北豪雨災害後に避難所等で行われた鍼灸・マッサージ治療に関する診療記録をもとに後ろ向き調査を行い、これら治療の必要性、効果、有害事象について明らかにする。

 

4、意義

これまで、災害時に避難所において様々な医療支援報告が行われてきており、その中に鍼灸・マッサージ治療による活動報告も含まれているものの、これらの施術の必要性、効果、有害事象について明らかになってはいない。本調査によりそれを明らかにし公開することは、今後起こりうる災害時の医療支援におけるこれら治療法の位置づけを考える一つの情報として意義を有する。

 

5、概要

大災害時には、避難所に於いて多くの避難者が制限された環境下で長期間の生活を余儀無くされることから、様々な健康被害が生じることが報告されている。災害時、避難所に於いて多職種が医療支援を行い、衛生管理、感染症対策、疼痛や精神面への対処が行われ、医療活動報告も多数行われてきている。過去、東日本大震災後に避難所に於いて種々の健康問題に対して鍼灸やマッサージ治療が行われた報告が散見されているが、その必要性や治療効果に関する報告はこれまでに無い。本研究では、「災害鍼灸マッサージプロジェクト」が保有する、東日本大震災後及常総市水害の際の避難所で日本プライマリ・ケア連合学会、災害鍼灸マッサージプロジェクト等の団体が行った施術時の診療記録を、個人が特定されない連結不可能匿名化した状態研究責任者である高山真医師へ提供し、これをもとに、東北大学病院総合地域医療教育支援部において、災害時の避難所に於けるこれら治療の必要性、治療効果、有害事象等について後ろ向きの調査研究を行う。

 

※診療記録によって提供される主なデータ(項目)は以下です

性別、年齢、受療経験の有無、主訴、血圧、脈拍、体温、治療前後のVASなど

 

6、個人情報管理

診療録の原本は災害鍼灸マッサージプロジェクト代表者の三輪正敬が鍵付き保管庫に施錠の上で保管している。診療録データの集計は、東北大学病院総合地域医療教育支援部において、データを連結不可能匿名化の上で、個人情報を秘匿して行う。これにより生じたデータは、東北大学病院総合地域医療教

育支援部内の独立したコンピュータ内にエクセルソフトにパスワードを掛けてロックし保管する。

 

7、本研究に関する問い合わせ・苦情等

問い合わせなどございましたら、本ホームページ「お問い合わせ」ページよりメッセージを頂ければ幸いです。

 

 

 2016年10月16日

災害鍼灸マッサージプロジェクト

代表 三輪正敬

 

 

 

 

 

災プロ公式Twitter最新情報

災プロ公式facebook最新情報

supported by Inseki Project

   

 【最新更新情報】(2018.9.22時点

 

代表から

「北海道東胆振東部地震」を掲載しました。(2018/9/22)

 

代表から」ページに

平成30年7月豪雨災害:広島県三原市における支援活動の終了のお知らせを掲載しました。(2018/9/10)